04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

特撮!ブライス

ブライスで特撮ほかのパロディをやってみよう、というブログです…

 

海のハンター展・その4 

 科博からお送りする海のハンター展・最終回です…
DSC_0814-56.jpg


 今回は、ちょっと変わった魚たちをご紹介…これはノコギリザメ
DSC_0680-43.jpg
 子供の頃にやってたアニメ『小さなバイキング ビッケ』で、牢のような所に閉じ込められたバイキング達が、ビッケの機転によって脱出するというシーンに登場した記憶があります…この作品、そこしか憶えてないんですが^^;
 そんな風に本物のノコギリみたいな使い方が出来るかどうかはわかりませんが、少なくとも獲物に致命傷を負わせる程度の凶器にはなるそうです。


 こちらは似てるけど、微妙に別種のノコギリエイ
DSC_0676-42.jpg


 見た感じで言うと、こっちの方がノコギリっぽいですねw
DSC_0683-44.jpg


 こちらはオナガザメ科のニタリ…笑っているわけではありません。
DSC_0698-45.jpg
 オナガザメの尻尾は、餌となる生物を叩いて弱らせるのに使われるそうです。



 続きも変なのがいっぱい…
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Category: 恐竜

tb 0 : cm 0   

海のハンター展・その3 

 結構ランキングがヤバくなって来ましたが、海のハンター展の続きです…
DSC_0803-55.jpg
 前回は海のハンター展にも関わらず、こちらが食べる立場で書いてしまいましたが…
 人間もまた、海の生物たちにとってはハンターなのです。


 という事で、今回は魚類以外という縛りでお送りしますw
 これは翼竜のズンガリプテルス…現生の鶴やサギみたいに、浅い水辺で貝類をほじくり出して食べていたと考えられています。
DSC_0133-4.jpg


 こちらはペンギンのご先祖…骨格が殆ど同じw
DSC_0170-7.jpg


 シロクマ、というのは俗称ですがホッキョクグマペンギン
DSC_0489-26_201610132209521f2.jpg
DSC_0499-28.jpg


 ゾウアザラシ…どっかにこんな顔のおじさんがいそうですよねw
DSC_0509-29.jpg


 続きもあります…
-- 続きを読む --

Category: 恐竜

tb 0 : cm 0   

海のハンター展・その2 

 特ブラ名物?暴走週間の異名を持つ恐竜カテ…

 まあ恐竜の写真はコレだけなんですが^^;
DSC_0797-54.jpg
 恐竜見物は田宮くんにまかせて、海のハンター展の、第2回目と参りましょう。


 これはサワラの先祖…小さめのマグロと同じぐらいある巨大魚ですが。
 なんか見た目がゴツいせいか、現生のサワラとは随分違う印象w
DSC_0152-6.jpg
 秩父で化石が出土したので、チチブサワラという名前がついています。


 どうしても現生の魚類は「食べた事があるか否か」で考えてしまいがちですね…
DSC_0178-8.jpg


 こういうのを見ると「スタッフが美味しくいただきました」というフレーズが頭をよぎりますw
DSC_0202-9.jpg
※もちろん食べ残しで骨格標本作ったりはしません、たぶん^^;


 オヒョウというかカレイは、北海道に住んでた頃はポピュラーなおかずでした…
DSC_0617-37.jpg


 ヒラメは寿司ネタで、おなじみですね。
DSC_0623-38.jpg


 アンコウは一昨年の冬、大洗で堪能しました。
DSC_0704-46.jpg


 アンコウって見た目はこんなですが、これってメスなんですよね…
DSC_0239-10.jpg


 オスはこんなに小さくて、しかもこうなった時点で身体の色んな部分が退化してしまいます。
DSC_0242-11.jpg
 究極のヒモ亭主w



 続きもお魚天国です…
-- 続きを読む --

Category: 恐竜

tb 0 : cm 0   

海のハンター展・その1 

 夏休みシーズンが終わったら行こう…と思っていたら、いつの間にか10月に入り、最終日に滑り込みで行って来ました^^;
DSC_0870-61.jpg
 国立科学博物館で開催されていた、海のハンター展です。
 昼過ぎに行ったらチケット売り場に長蛇の列が出来ていたので、最終日じゃなかったら帰って出直そうかと思うような感じでしたが…前売り券を持ってる人達が、我々を尻目にスイスイと会場に入って行きます。
 今回から、なのかな?公式サイトで前売りだけでなく当日券も、事前に購入出来るようになってたんですね。
 科博のサイトだけ見てると気がつきませんでした…orz※よく見たらリンクがありました^^;


 さて、そんなこんなで会場へ…
 入り口では、サメのご先祖メガロドンがお出迎え。
DSC_0110-1.jpg


 ご先祖といっても見た目は現生のサメと同じで、違いは凄く大きい事だけ。
DSC_0125-3.jpg


 サメの特徴である、二重三重になった歯列も再現されています。
DSC_0121-2.jpg


 一緒に首長竜や海竜の展示もありましたが、なにしろ人が多いので…他所でも見た物はパス。
DSC_0149-5.jpg


 現生のサメも、標本がたくさん展示されていました…これはミツクリザメ
DSC_0281-13.jpg


 映画のエイリアンみたいに口を開けると牙の生えた顎が飛び出すという、恐ろしげなギミックを持っています…
DSC_0304-14.jpg



 続きもサメです。
-- 続きを読む --

Category: 恐竜

tb 0 : cm 0   

恐竜博2016・その3 

 恐竜は骨盤の向きから竜盤目と鳥盤目に分けられ、鳥類に進化したとされるのは竜盤目の方だそうですが…
 鳥盤目の方にも羽毛を持つ事が明らかになった物があり、これはもう恐竜って最初から羽毛があったんじゃね?というのが最新の見解だとか。
DSC_0352-13.jpg


 これがその羽毛を持つ鳥盤目・クリンダドロメウス…
DSC_0355-14.jpg
 頭蓋骨が、なんだかSFチックでカッコいいですw


 発見されたのがシベリアとはいえ、マンモスやケサイみたいに氷漬けで出て来たわけではありません…これは復元モデル。
DSC_0357-15.jpg


 これまた、なかなかキャラが立っていますw
DSC_0366-16.jpg


 さて、特別展を離れて…こちらは日本館のミュージアムショップ。ショーウインドウも恐竜博仕様です^^
DSC_0528-38.jpg


 これは日本館の展示ですが…サンゴガニが可愛いので撮ってみました。
DSC_0435-22.jpg
DSC_0438-23.jpg
DSC_0441-24.jpg
 こんなの粘土で作ったら、いいかも知れませんね。



-おまけ-

 科博には何度も行ってるのに、地球館のレストランには初めて行きました…
DSC_0392-18.jpg
 思ってたより本格的なメニュー。ちょっと高めだけど^^;


 席は残念ながら窓際じゃなかったんですが…料理を待つ間に、通路に行って撮影w
DSC_0390-17.jpg
 映り込み激しいな…


 ↓仮面ライダードライブ第40話
IMGP3502.jpg
 これはここから撮ったのかな?と思ってましたが…サメの向きから考えると反対側から普通にクレーンかラジコンで撮影したみたいですね。



 明日からは日本館の写真です!
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

Category: 恐竜

tb 0 : cm 2   

恐竜博2016・その2 

 こちらが、スピノサウルスの餌になっていたと思われるシーラカンス…
 魚にしては、かなり大きいです。
DSC_0188-7.jpg


 こっちはおまけ展示の、スピノサウルスとステゴサウルス…
DSC_0216-5.jpg


 よく見ると新聞紙(朝日新聞)で出来ています。
DSC_0218-6.jpg


 さて、こちらはカスモサウルスの赤ちゃん化石…
 手前に大人のカスモサウルスの下顎の骨が置いてあります。
DSC_0255-8.jpg
 この大きさなら、親の口に入っちゃう?


 大人はこんなにデカい…
DSC_0273-9.jpg
DSC_0264-8.jpg


 こちらはチンタオサウルス…
 この名前を見た大人の大半は筆者と同様に「青島ビール」を連想していたようですw
DSC_0286-9.jpg


 言うまでもなく、最初に発見された青島の地名から名付けられたのです。
DSC_0318-10.jpg


 この角は、何に使われていたのかわかっていないようです^^;
DSC_0304-10.jpg


 ちなみにコイツは現生のゾウと同じで、歯がカートリッジ式(デンタルバッテリー)になっています。
DSC_0320-11.jpg
※今調べたら、デンタルバッテリーという呼び方をするのは恐竜の時だけのようです…筆者は収斂進化の結果だから同じだろうという認識でしたが。


 パラサウロロフス…この角は中が空洞になっていて、笛のように音を出していたのではないかと言われています。
DSC_0336-12.jpg
 別の展示場所に、推測により合成した鳴き声(子供と大人の2バージョン)が聞けるコーナーがありましたが、残念ながら子供の声の方は装置が壊れていて聞けませんでした。




にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

Category: 恐竜

tb 0 : cm 0   

恐竜博2016・その1 

 もう今度の日曜日で終わってしまいますが…
 上野の科学博物館で開催中の、恐竜博2016に行って参りました。
DSC_0004-1.jpg


 今回の目玉は、何と言っても…こちらのティラノサウルスと。
DSC_0097-1.jpg


 スピノサウルス!2大肉食恐竜の競演です^^
DSC_0099-2.jpg


 このド迫力には、田宮くんも大満足w
DSC_0137-2.jpg
DSC_0164-4.jpg


 スピノサウルスは、顔が縦に薄いですね…水中生活をしていたせいでしょうか。
DSC_0143-3.jpg
 身体が大きくなり過ぎて2足歩行から4足歩行になり、最終的に水中に適応したとの事ですが…
 考えてみれば4足歩行の動物って(猫以外)、いきなり水に入れても泳いじゃいますよね。
 2本足の人間の方が、泳ぎを憶えるのに苦労していたりします…だから4足歩行になった時点で、こうなるのは必然だったのではないかと。


 さて、こちらの2種類の歯…どちらがどちらの物でしょう?
DSC_0185-6.jpg
DSC_0182-5.jpg


 ナイフのような、D型の歯がティラノサウルス。
DSC_0172-4.jpg


 円錐形で溝がついてるのが、スピノサウルス…
DSC_0233-7_20160610215706596.jpg
 肉食といってもシーラカンスとか食ってたらしいので、肉塊を引きちぎるような形にはならなかったんですね…
 溝は人間の歯にもついてますが、穴あき包丁や刀剣類の樋と同じで、齧った物が歯にくっつきにくくなる利点があります。




 恐竜展の話題は、全3回です!
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

Category: 恐竜

tb 0 : cm 0   

生命大躍進・その3 

 さて、恐竜から鳥類へ、という進化ルートは最近の恐竜展で散々説明されていますが…
 本展示の場合は人類がゴールなので、恐竜ではなく単弓類(哺乳類型爬虫類)から哺乳類というルートが主になるわけです。

 しかし哺乳類の展示は、若干駆け足です…
IMGP5810.jpg
 ウマやサイの祖先の化石が並んでいます。


 そしていよいよ霊長類、の前段階?の偽霊長類…
IMGP5831_201510050024112c8.jpg


 こっちの化石はメガネザルっぽい見た目(推定)霊長類の化石で、イーダという名前(愛称)が付けられています…
IMGP5842_201510050024120a9.jpg
 アバラのすぐ下の辺りが少しモヤモヤっとしていますが、胃の内容物が化石として残っていたらしいです。


 そして人類の入り口へ…と、どこかで見たような足跡がwww
IMGP5849.jpg


 そしてどこかで見たような親子連れ…今回はイラストで登場です。
IMGP5850.jpg


 もうちょっと続きます^^;
-- 続きを読む --

Category: 恐竜

tb 0 : cm 0   

生命大躍進・その2 

 生命大躍進展の2回目です…
IMGP5733.jpg
 イノストランケビア…昔だったら恐竜と呼ばれていたでしょうが、厳密な定義からは外れているので単弓類になります。


 こっちはコティロリンクス…同じく単弓類。復元図は甲羅の無いカメみたいです。
IMGP5749.jpg


 そしてディメトロドン…コイツも恐竜ではなく単弓類なのです。
IMGP5753.jpg


 単弓類は、かつて哺乳類型爬虫類と呼ばれていましたが…このディメトロドン、よく見ると歯に前歯や奥歯みたいな区別があります。これは哺乳類と共通する特徴です。
IMGP5756.jpg


 これは…名前を出したかっただけw
IMGP5762.jpg
 これヤベイナ!マジで!



 続きも…だいたい同じような感じです^^;
-- 続きを読む --

Category: 恐竜

tb 0 : cm 0   

生命大躍進・その1 

 会期も終わり間近となった、先週の金曜日…国立科学博物館で開催していた生命大躍進展を見てきました。
※実は昨日で終わっております^^;
IMGP5637.jpg
 金曜の夜なら、いつも空いてるからと油断してましたが…結構混んでいて、並ばないと見られない物もありました。
 風邪引いて寝込んでしまわなければ、前週の金曜日に行く予定だったんですよね^^;
 あの時ならシルバーウィーク直後で、いくらか空いてたんじゃないかと思います…


 最初に断っておきますが、随分はしょってます^^;
 行くのが遅くなって時間がなかったのと、夏にさんざん見たような物も結構あったので。


 いきなりバージェス動物群から…
 以前はその突飛な姿形ばかりが強調されていましたが、最近は現生種との共通点を探して進化の解明に役立てようという方向になってるみたいです。
 これはピカイア。CGで作成された(想像の)生態再現動画では、チンアナゴとナメクジの合成獣といった趣きでしたw
IMGP5639.jpg
 この時期の生物は目を獲得する事によって、餌を探したり餌となるのを逃れたりしているうちに進化のスピードが早くなって行ったそうです。


 これはオパビニア…目が5つあって、顔の下からマニピュレータみたいな腕が1本生えてるというケッタイな容姿で、最初学会で発表された時は出席者が爆笑して一時収拾がつかなくなったという逸話があるそうです。
IMGP5651.jpg
 割とバージェス動物群についてはファンが多いせいか、後ろに並んでる人なんかお構いなしに化石の前に陣取ってああでもないこうでもないとやってる超マイペースな人達もいたりするので、イライラしてもしょうがないからどんどん先へ行きます。


 やはりマニアに限らず広い人気のアノマロカリス…これは頭の部分。
IMGP5668.jpg


 コレは頭部の触手の1本ですね…最初はこの部分だけが見つかっていて、海老みたいな生物の体だと思われていたとか。
IMGP5670.jpg



 続きは大迫力の復元モデルが中心です…
-- 続きを読む --

Category: 恐竜

Thread: *"*ブライス*"*

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 2   

夏の恐竜祭り@横浜・その3 

 さて、長々とお送りして参りました特ブラ夏の恐竜祭りも、いよいよ本日でフィナーレ…
 またもや1枚目は竹芝のジロミですがw
IMGP3447_2015090401212308d.jpg
 メイクを試行錯誤中だったので、この時はリップをオレンジに塗ってます…オレスパっぽいですね^^;


 さあ恐竜展に話を戻しましょう…こちらの展示は動く恐竜ロボットが多かったです。
 まずはティタノフォルネウス。頭がデカくて昔の怪獣ソフビっぽいw
IMGP4441_2015090401213381d.jpg


 コイツは尻尾が左右に動くだけなんですが、見てると結構な勢いで壁(間仕切り)にぶち当たってましたw
 壁の塗装が剥がれてましたよ…
IMGP4439_20150904012132c03.jpg


 ポラカントゥス…アンキロサウルスの仲間ですが、尻尾にハンマーはありません。
IMGP4490_20150904012139700.jpg
 これは上半身が、よく動いてました…瞬きもするんです^^


 子供が葉っぱをちぎって食わせようとするんでしょうかw
IMGP4487_2015090401213855e.jpg


 こちらのアロさんも、よく動いてました…
IMGP4533_201509040122236be.jpg


 口まで開閉して、ド迫力です^^;
IMGP4547.jpg


 当然アロさんの化石もあったんですが…アロさんの化石って結構たくさん出土するようで、こんな風に大腿骨だけを年齢(サイズ)順に並べる展示がありました。
IMGP4645_20150904012221e79.jpg


 これは今回の目玉展示の1つ、トルボサウルス…去年の記事に登場したタル坊と名前が似てますが、単にカタカナ表記のせいですw
IMGP4594_2015090401221353d.jpg
 なお右端に見切れてるブラキオサウルスもロボットですが…コレは幕張の方が良かったかな^^;


 メインの展示会場は比較的こじんまりとした印象で、トータルでも幕張の半分くらいの時間でしっかり見る事が出来ました…
IMGP4623.jpg
 ちなみにこちらの方が、入場料が200円安い^^;


 ただしこちらは幕張に較べて、どちらかと言うと夏休みのファミリー向けイベントとしての完成度を優先していたと思われます…
IMGP4684_2015090401242305b.jpg
 恐竜に跨っている所や口から顔を出してる所など、3種類の記念撮影スポットや…


 明らかに映画をマネしてる(向こうは「本物」のトリケラトプスの子供)恐竜に乗って遊べるコーナー…
IMGP4688_2015090401242795c.jpg


 縁日やフードコートまでw
IMGP4689_201509040124274f0.jpg
 筆者はバーチャルリアリティというのをやってみましたが(別料金)、スマホの付いたゴーグルをかぶると目の前に恐竜時代の世界が広がるという物で、なかなか迫力がありました。



 恐竜祭りにお付き合いいただき、ありがとうございました!
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

Category: 恐竜

Thread: *"*ブライス*"*

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

夏の恐竜祭り@横浜・その2 

 引き続き、パシフィコ横浜よりお送りしています…
 でも今回も、竹芝桟橋のジロミからw
IMGP3424_20150903231752431.jpg


 さて今回は、アンモナイト特集…
IMGP4379_2015090323180893a.jpg
 なんだけど、よくある恐竜展の展示とは少々雰囲気が違いますよ?


 何やら貝がきらびやかで、削った岩の残し方もアーティスティックです^^
IMGP4385.jpg
IMGP4388.jpg
IMGP4390.jpg
IMGP4398.jpg
 これなら子供に付き合わされて、仕方なく来ていたママも大満足!…みたいな?
 流石に考え過ぎ&偏見ですかね^^;カメラ片手に1人で来てるっぽい女性客も見かけたし。


 極めつけはコレ!宝石に認定されたアンモナイト、アンモライトです。
IMGP4453.jpg


 アンモナイトの化石が地中で特殊な変化をした物で、カナダの南部でしか採れないそうです…
IMGP4455_20150903232109c8f.jpg
 まあ考えたら真珠だって貝が体内で作った物だし、貝殻を使ったボタンや螺鈿細工なんて物もありますからね…
 装飾性と希少性が備わっていれば、ジュエリーとして認められても不思議はありません。


 もちろん貝のまま飾っておくだけではなく、こんな風にアクセサリーとして加工する事も出来ます…
IMGP4460_20150903232110f30.jpg
 さあ、キラキラ世界はここまでにして、地味な化石の荒野に戻りたいと思いますw


 これはウニの先祖の3点盛り…マスカットみたいなのがいますね^^;
IMGP4427.jpg


 こちらはスクレロセファルス…オオサンショウウオの親戚。魚拓みたいですね。
IMGP4437_201509032350157b7.jpg
 紙に写して軸装して、床の間に飾っておきたい感じもしますw


 このダイノワールド2015、映画『ジュラシックワールド』と提携しているらしく入口で予告編を上映してまして…
 実は筆者も観たばかりだったんですが、映画でも見せ場が3回もあって大活躍した猛者サウルス、いやモササウルスです。
IMGP4447_201509032350194a1.jpg
 まあ全然、あんなに大きくはないですけどね^^;
 ちなみに新種らしいです。


 そして、お約束のティラノサウルス…こっちのやつはティンカーという名前で、まだピチピチの10代(死語)。
IMGP4529.jpg
 (ティンカーの)レプリカでない本物化石の一般向け展示としては、今回が世界初だったそうです。


 最終回は恐竜メイン!
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

Category: 恐竜

Thread: *"*ブライス*"*

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

夏の恐竜祭り@横浜・その1 

 さて、特ブラ夏の恐竜祭り…場所を横浜に移しての再開であります。
 でも最初に断っておくと、今回は恐竜ナシですw
 そして実は人形の写真も…というのは流石に許されないので、アイドール44の後に竹芝桟橋で撮ったジロミの写真を。
IMGP3416_20150903010851da3.jpg


 会場は、一昨年YUKAちゃんを見に行ったのと同じ、パシフィコ横浜…
IMGP4322.jpg


 ダイノワールド2015ヨコハマ恐竜博です。
IMGP4324_2015090301085347c.jpg
 2日連続で見ると(この前も少し書きましたが)恐竜展と一口に言っても主催者の考え方によって色々違うんだな、というのがよくわかりました…


 こちらのアノマロカリスは、こんな色ですw
IMGP4334.jpg
 まあ想像で色を着けてるだけなので、全然色が違うのは当然ですね^^;



 この三葉虫の色!ゲームに出て来そう…ちなみに隣のやつは青でしたw
IMGP4341_20150903010854828.jpg


 こちらで展示されている三葉虫の多くはトゲトゲや触手が生えた物が多かったんですが、別に想像で勝手に生やしたわけではなく…最近は発掘技術や道具の発達によって、細かい所まで掘り出す事が可能になったんだそうです。
IMGP4344_2015090301134693a.jpg


 この辺の、つるっとしたやつも可愛い^^
IMGP4345.jpg
IMGP4347_2015090301134905e.jpg
IMGP4348_20150903011353730.jpg


 苦手な人もいるかも知れないので、今回は少し小さい画像にしてみました^^;クリックで大きくなります。
IMGP4349.jpg
IMGP4354_2015090301152974e.jpg
IMGP4365_20150903011536600.jpg


 これはウミユリ…石に刻んだ彫刻の花みたいです。
IMGP4374.jpg



 横浜編も続きます!
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
 こっちは縦型のケースが多かったので、ダンボー置けませんでしたorz
 触ってみようコーナーも展示場の外にまとめられていたので、人が途切れなくて…

Category: 恐竜

Thread: *"*ブライス*"*

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

夏の恐竜祭り@幕張・その5 

 今回の目玉展示は何といってもヨーロッパ最大の恐竜、トゥリアサウルスの復元骨格モデルです…
IMGP4109_20150831021551a1b.jpg


 ただし上半身(前半身?)だけ。
IMGP4111.jpg
 まあでも全身だったら、相当場所取るでしょうね…30メートルはあるそうなので。
 これはシロナガスクジラと同じくらいです。


 大きい生物との対比で、小さめの生物の展示もありました…これはエウロパサウルス
IMGP4120.jpg
 発見されたドイツの辺りは当時は島だったとの事ですが、そのように狭くて食物の量が限られている所では、同じ種類の生物でも体が小型化してしまうそうです。


 大人でも全長数メートル程度ですから、さっきのトゥリアサウルスに較べたら大きいやつでも5分の1くらいしかない事になります^^;
IMGP4124.jpg


 まあ写真に収める分には、小さいほうがいいんですけどねw
IMGP4129_20150831021612550.jpg


 同じように島の中で矮小化した、ファルコナーゾウです…
IMGP4140.jpg
 大きさはゴールデンレトリーバーとかの大型犬より、ちょっと大きいぐらい?
 他にも去年の記事で紹介したリュウキュウジカや、ニッポンサイの化石が展示されていました…


 エウヘロプス…中国は山東省で出土しました。
IMGP4152.jpg


 プロバクトロサウルスが、こっち見てる!
IMGP4173.jpg


 これはスタンと名付けられたティラノサウルス…って科博かどっかで見たような?
IMGP4180.jpg
…と思って調べたら、なんとレンタル用であちこちドサ回りしているみたいです^^;


 スタンと一緒に傷ついたトリケラトプスが展示されていて、その足元にこんな物がw
IMGP4198.jpg


 明日はいったん恐竜祭りはお休みします…ランキング下がり過ぎた^^;
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

Category: 恐竜

tb 0 : cm 0   

夏の恐竜祭り@幕張・その4 

 幕張メッセのメガ恐竜展、昨日で終わってしまいましたが…特ブラでは明日までです^^;

 ブロントサウルスって、一度はアパトサウルスと吸収合併みたいな感じで名前が無くなりかけたんですが…
 最近になって、またまたアパトサウルスとは別種であるという話になったみたいですw
IMGP3955.jpg


 ここでは恐竜の化石や体の仕組み以外に、発掘現場の様子や発見時のエピソードも紹介されていて…なかなか大人が見ても興味深いものがありました。
IMGP3970_20150830001916338.jpg
 などと言ってる割には、こんなイタズラ写真みたいな事をしてるんですが^^;


 夏休みの自由研究に役立てようと、一生懸命メモったりしているお子さん達の傍らで、この体たらく…
IMGP3974.jpg
 まさに「体は大人、頭脳は子供」を地で行くありさまです。


 ちなみに横浜の方は、いかにも遊びに行くイベントという感じで…もちろん恐竜のウンチク話はあるものの、あまり前面に出してはいない印象でした。展示物も(後日紹介しますが)若干アートっぽい雰囲気だったし。
 同じ恐竜展でも、主催者の考えひとつで結構違うものです。
IMGP3978_20150830001912b3b.jpg
 これはカマラサウルス…まだ未成年なので、あまり大きくありません。


 こちらは入口のウェルカム展示?で凶悪な表情を見せていたディメトロドン…
IMGP3992_201508300019156b1.jpg


 そういえばこの展示、メガ恐竜展だけに実物大は難しいにせよ、全体に生体復元モデルは少なめだったような?
IMGP4012.jpg
 入口に固めちゃってたから、そう感じるだけですかね…これはプラテオサウルスです。
 本物は7~8メートルあるらしいので、これでもミニチュアという事になりますね^^;


 メガではありませんが、お子さんに人気の恐竜もサービスで入ってますw
IMGP4025.jpg
 アロさんとステゴサウルス…ステゴッチだよ!と子供に言ってるお母さんがいて吹きそうになりましたw


 反対側から見ると、こうです。
IMGP4040.jpg


 この、なんだかボーッとした感じのやつはバロサウルス…首が上下に動くロボットです。
IMGP4053.jpg


 マメンキサウルス…今回は恐竜の中でも特に体が大きな物を中心に展示する、という趣旨だったせいか、この手の竜脚類がやたらと何種類も展示されてましたが…コイツはやたらと首が長くてバランスがちょっと変ですw
IMGP4060.jpg


 すいません、いったんたたみますよ…
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
 続きは下からどうぞ。

-- 続きを読む --

Category: 恐竜

tb 0 : cm 0   

夏の恐竜祭り@幕張・その3 

 今日は水中の巨大生物…と昨日書きましたが、巨大でない物からスタートです^^;
 みんな大好き?三葉虫。
IMGP3859_20150828233603591.jpg


 なんだか絵的に、庭の石を引っ繰り返したらワラジやダンゴムシがいっぱいいた…みたいな感じですねw
IMGP3858_201508282336029f8.jpg


 触ってみようコーナーもありました^^
IMGP3885.jpg


「ウミサソリってカッコいいよね!」
IMGP3882.jpg
 地球の全時代を通じて最大の節足動物で、大きな物は2メートル以上あったらしく…
 また海から陸地に上がった、最初の動物とも言われているそうです。


 このイラスト、なんか深海探査ロボみたいでいいですよね^^
IMGP3870.jpg


 ウミユリ…形が植物っぽいだけで、ヒトデやウニの仲間です。
IMGP3876.jpg


 これは古代ゼンマイ…ではなくて、異常巻きアンモナイトの一種です。
IMGP3887.jpg
 異常巻きって何だよw


 こんな風にピッタリと、キレイに渦を巻いてる物ばかりではない、という事ですね…
IMGP3892.jpg
 まあ異常巻きと呼んでいてもアレはアレで理由があってのあの形であって、別に何らかの異常事態のせいではないので念のため。同じ種類のやつは、みんな同じように変わった巻き方です。
 つまり彼らにとっては、それが普通…


 今回も、ここで一旦たたみます。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
 続きは下からどうぞ。
-- 続きを読む --

Category: 恐竜

tb 0 : cm 0   

夏の恐竜祭り@幕張・その2 

 幕張メッセのメガ恐竜展2015、2回目です…
 まだエントランス的な場所で、メインの展示会場には入ってませんw
IMGP3778.jpg
 まあマンモスは、何回も撮ってるから別にいいんですが^^;


 触ってみようコーナーに、歯がありました^^
IMGP4230.jpg


 こっちのクマっぽいのは、パラミロドン…ナマケモノの先祖です。
IMGP3786.jpg
 顔つきの割に爪が長く鋭くて、グルーミーを思い出しましたw


 これまたメイン会場には化石と一緒に触ってみよう展示が…上顎の骨、の一部。
IMGP4236_2015082823564020d.jpg


 サーベルタイガー(スミロドン)と、後ろにいるのはダイアウルフ…
IMGP3792.jpg


 これはダイアウルフの前足の、爪というか指の部分。
IMGP4239_201508282358455de.jpg


 スミロドンの牙です…実はこの辺の展示は最後の方で、蛍の光を聞きながらだったので結構慌ててます^^;
IMGP4240_201508282358483e0.jpg


 これらの動物達のジオラマ…
IMGP4242_20150828235852b79.jpg


 中々ちょうど良い所で分けられず、枚数がずいぶん多くなってしまったので…一旦たたみます。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
 続きは下からどうぞ。
-- 続きを読む --

Category: 恐竜

tb 0 : cm 0   

夏の恐竜祭り@幕張・その1 

 先日、幕張メッセで開催中のメガ恐竜展2015に行って来ました…
IMGP4314.jpg
 こちらは前から、夏休みのピークが落ち着いたら行こうと思っていたんですが。
 なんと横浜でも恐竜展(ダイノワールド2015 ヨコハマ恐竜博)をやってるというではありませんか!幕張で頭がいっぱいで、ノーチェックでした^^;
…そういう事なら両方行っちゃうか!というわけで、スケジュール上の都合から2日連続で幕張と横浜、どちらの恐竜展にも行って参りましたw


 流石に何週間も恐竜ネタばかりやってたら怒られそうだし(しかも画像貼り逃げというわけにも行かないから別に楽は出来ないw)、幕張メインの横浜はあっさり目な感じで、今回はお送りいたします…
 さて幕張メッセ…3月にアイドール43やった所です。階段を下りて行くと、ブラキオサウルスがお出迎え。首を上下に動かして、声も出ます^^
IMGP3736_201508282217019bf.jpg
 もう会期も終わりに近いし、平日なので大して混んではいませんでしたが…階段で立ち止まって上から撮影するのは禁止だったので、下に着いてから撮影。


 でも帰りにエスカレータで上る時は別に止められなかったので、上からも撮ってみましたw
IMGP4255_2015082822185839e.jpg
 まあ撮影に気を取られて転落するような事もあるかも知れないし、敢えてオススメはしません^^;


 空というか、天井近くにはプテラノドンの姿が…
IMGP3741.jpg


 そして何故か、アノマロカリスの姿もw
IMGP3751.jpg
 コイツもすっかりメジャーになりましたね…仮面ライダーWでは怪人(ドーパント)になってたし。
 仮面ライダー(2号)の時代に三葉虫の怪人がいた事を思えば、今やそのクラスの知名度はあると見て良いんでしょうかw


 ディメトロドン…これも図鑑でよく見ました。
IMGP3752.jpg
 同じようなフォルムのエダフォサウルスというのがいて若干紛らわしいんですが、こういう展示にはディメトロドンしかいませんね。やっぱり肉食の方が人気あるのかな?


 ティタノサウルスに乗ってドヤ顔してるのがいますね…襲ってるのかと思ったけど、そういう雰囲気でもないような?
IMGP3760.jpg


 トリケラトプスの髑髏が…
IMGP3773.jpg


 アシンメトリーな半身復元でした。カッコいい!
IMGP3772.jpg


 足元に赤ちゃんがいます^^
IMGP3765_201508282218359a0.jpg



 続きます!
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
 実は科博でも…って、こっちは会期が10月まであるので、もう少し経ってから行きますw
 生命大躍進

Category: 恐竜

tb 0 : cm 0   

今日は何の日? 

 今日(4月17日)が何の日か、皆さんご存知でしょうか?
 なんとなんと、恐竜の日なのです!
 というわけで、ティラノサウルスっぽい生物を作ってみました…
IMGP1673.jpg
 あ、笑う所ですよ?念のため^^;
 初めてなのに、キットとかじゃなくていきなりオリジナル作ろうとか…羊毛フェルト舐めてますよね。


 TV見ながらやったら、手がこんなんなりました。
IMGP1686.jpg
 まあでも取り敢えず1個作ってみた事で、ディケイド=門矢士の決め台詞?風に言えば
「だいたいわかった」という感じですが。
 実際、今までやって来た針金細工と似た部分も結構ありますね…ボリューム出したりするのはフェルトの方が簡単です。


「よしよし、今日からお前の名前はモヒk」それはダメー!
IMGP1678.jpg
 ウチ以外のブライスブログは見てないよ!という方にはわからないネタですんません…


 チョコボか!
IMGP1677.jpg


 別に襲われてるわけじゃないですよ?
IMGP1679_20140417015905a65.jpg
 背中のモヒカンでモフモフ^^




「え~、じゃあ名前どうしようかな…」
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

Category: 恐竜

Thread: *"*ブライス*"*

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 2   

ナイト・ミュージアム 

 次に発売のブライスは探偵だそうですが…ウチの探偵は恐竜展に行って来ました^^
IMGP7429.jpg


 場所はもちろん風都博物館…じゃなかった、国立科学博物館です。
 金曜日は夜の8時までやってるので、夕方に入りました。
 研究者によるギャラリートークも聞けて、ちょっと得した気分w
IMGP7124.jpg



この秋、国立科学博物館では「大恐竜展-ゴビ砂漠の驚異」を開催します。本展では、恐竜の系統進化、生態などの解明に大きく寄与したモンゴル・ゴビ砂漠で発掘された貴重な化石標本を公開します。

モンゴル・ゴビ砂漠は、1922年から1930年にかけて、アメリカのアンドリュース調査隊が、数々の発掘をしたことで、世界有数の恐竜化石産地として世界に知れ渡ることとなりました。ゴビ砂漠で発見される化石は、保存状態のよい良質なものが多いため、今日でも世界中の研究者を魅了し続けています。

本展は、アジア最大の肉食恐竜「タルボサウルス」、大型植物食恐竜「サウロロフス」の全身骨格など、ほとんどが非常に良質な実物化石で構成されます。また 今回、ティラノサウルス類の子ども化石としては世界で最も保存状態の良いタルボサウルスの化石を展示し、そこから読み解く肉食恐竜の成長について 日本人研究者が明らかにした最新研究を紹介します。

モンゴルの実物恐竜化石が一堂に会した本展で、多くの方々が実物化石の素晴らしさに間近に触れ、恐竜についての知識はもちろんのこと、今も驚きの発見が続くゴビ砂漠での化石発掘調査について深く知っていただければ幸いです。

(以上国立科学博物館HPより引用)
 砂漠で発掘された化石の何がいいのかと言うと、普通は死骸が化石になるまでに水に流されたりしてバラバラに失われてしまう部分が多いのに、砂漠だと湿った砂がドバっと落ちて来て生き埋めになるケースが多いので全身骨格が良い状態で保存されるんだそうです。
 恐竜だけでなく、昆虫や小動物も同様に。

 だから、こんな風に取っ組み合いの最中で化石になっちゃった奴もいます…
IMGP7147.jpg


 まあ骨格だけだとわかりにくいですが、絵に描くとこんな風に再現されます。
IMGP7148.jpg
 肉食のデイノニクスに襲われた草食のプロトケラトプスが、逆に体格を利して上にのしかかり片腕に噛み付くも、腹を蹴られて鉤爪が突き刺さり…みたいなシチュエーション。まあ両者砂に埋まって勝負なし、といった所でしょうか。


 プロトケラトプスの全身骨格はこちら…
IMGP7151.jpg
 子供の頃はプロトケラトプスとかトリケラトプスとか、あの辺は角が多い方が偉いと思ってましたw


 こちらはサイカニアアンキロサウルス科です。
 アンキロサウルスがモデルの特撮キャラはゴジラの怪獣アンギラスが有名ですが、爆竜戦隊アバレンジャー・獣電戦隊キョウリュウジャーにも登場していて、地味に人気がありますw
IMGP7180.jpg


 有名な尻尾のハンマーは、こんな風になっています。硬くて重そう…
IMGP7246.jpg


 こちらはサウロロフス
 アバレンジャーで「アミーゴ!」とか言ってたりキョウリュウジャーで尻尾から弾丸を撃ち出していた連中はパラサウロロフスがモデルですが、姿が似ているだけで近縁種というわけではないらしいです…
IMGP7211.jpg


 全身骨格です…
 そういえば子供の頃に行った恐竜展でパラサウロロフスの皮膚の化石に触れるコーナーがあって、触った証明書みたいなのを貰いましたw
IMGP7214.jpg


 そして恐竜展といったらやはりこの人、じゃなかったこの恐竜がいないと…
 ティラノサウルス科のタルボサウルス。通称タル坊です(今考えた)。
IMGP7220.jpg


 足指だけでこの迫力…成人男性の肘から手首くらいまであるかな?
IMGP7223.jpg


 写真が多過ぎて省略しましたが、前に紹介したオビラプトル→シチパチの化石や恐竜の卵の展示もたくさんありました。
 今回は子供恐竜と大人との違いみたいなのもテーマの一つだったようです…
 こちらはプロトケラトプスの赤ちゃん(化石から再現した画像)。
IMGP7279.jpg


 実際の化石はコレ…
IMGP7280.jpg


 こうやって1頭づつ分けて数えたようです。
IMGP7281.jpg


 15頭の兄弟でした。ビッグダディもビックリですね。
IMGP7282.jpg


 こちらはオビラプトルの卵の中身(胚)。上は復元模型。
IMGP7287.jpg


 コレはプロトケラトプスの子供…上の状態より少し大きいです。
 その辺で売ってる模型の大きさw
IMGP7297.jpg


 大人になると、こんなにデカくなります…
 現代でも輸入した亀とか飼ってて、大きくなり過ぎて持て余しちゃったなんて話を聞きますが、ホントにそんな感じですね。
IMGP7301.jpg


 こちらはタル坊の成長過程です…
IMGP7316.jpg


 コレが子供。
IMGP7317.jpg


 コレは中ぐらい?
IMGP7334.jpg


 完全に大人になったのがコチラ…
 噛む力が強くなるのに合わせて、頭蓋骨の形も変化して行くんですね。
IMGP7332.jpg


 いやはや、ラインナップは少々渋めでしたが、なかなか勉強になる展示でした…
 締めはやっぱりタル坊w
IMGP7330.jpg


 こちらはおすわり恐竜のブラキオサウルス…
 大きめのぬいぐるみもお手頃価格でしたが、場所を取るのでマスコットサイズを。
IMGP7432.jpg
 次回も博物館で撮った写真です…




 凄い迫力だったぜ…
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

 続きに拍手コメ(非公開分)のお返事です。
-- 続きを読む --

Category: 恐竜

Thread: *"*ブライス*"*

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 0   

アマゾンのモデルとドラゴンと恐竜(その2) 

 恐竜は今も昔も子供に大人気で、筆者が小さい頃は『原始少年リュウ』なんてアニメがあったし、スーパー戦隊シリーズでも何度もモチーフになってますよね。
 夏休みになると大抵どこかしらで「大恐竜展」という感じの催しが行われています…たまにショボイのもありますが、やはりハズレが無いのは関東だと上野の科学博物館で展示される物。
IMGP4320.jpg


 しかしこの世界はやたらと情報の更新が激しくて、子供の頃に見たっきりだと最新の説に触れた時に愕然とします…こちらは2011年の恐竜博で投げ売りされていた2005年の恐竜博のカタログ。
 まあ全然興味がない人はいいですが、出来れば時々こうしたイベントを覗いて新しい研究成果をチェックしておくのがオススメ。
IMGP4317.jpg


 こちらは2005年の方で紹介されていた昔の恐竜化石の復元風景(左の絵)。
 イグアノドンといえばピンと立てられた前足の親指で知られていますが、昔はこの親指が1本しか見つからないケースが多かったので、鼻の頭にツノとして取り付けられていたそうですw
IMGP4316.jpg
 まあもっと昔はマンモスとかのゾウ類の化石を、牙をツノにしたりと全くデタラメな形で復元して「ドラゴンは本当にいたんだ!」とかやってたと聞いた事がありますから…小学生がレゴで怪獣作ってるんじゃないってのw


 流石に現代の状況で、そこまで極端な間違いは無いでしょうが…
 それでも最近だと恐竜に羽毛があったという説が有力になって、主に外観の復元図に大きな変化が生じています。
IMGP4313.jpg


 ティラノサウルスですら、この全身モヒカン
IMGP4319.jpg


 2005年版では既に羽毛恐竜が多く紹介されていたものの、まだティラノは従来の外観で載ってました。
IMGP4315.jpg
 恐竜のイメージが昔とは大きく変わっている事に一般の人々が気づいたのは、ジュラシックパークの映画が公開されたあたりの時期だったんじゃないかと思いますが、当時から作中で登場した恐竜の何種かは羽毛恐竜であった事がわかっていたけれど、一般ウケを考えて爬虫類っぽいまま表現されていた、という事情があったらしいです…

 これはジュラシックパークでヴェロキラプトルという名で登場したデイノニクスという恐竜ですが、コイツも…
IMGP1316.jpg


 今はこんなんです。どう見てもトリだよ!(これらの図は昨年幕張メッセで開催の「恐竜王国」より)
IMGP1315.jpg

 それでなくとも我々が子供の頃から図鑑で慣れ親しんでいたブロントサウルスなんて、どうも最近聞かないと思ったらこんな事になっていたりするので、ホントこのジャンルは油断がならない…

 続きも恐竜の話です…
-- 続きを読む --

Category: 恐竜

Thread: *"*ブライス*"*

Janre: 趣味・実用

tb 0 : cm 4